フォトアルバム 写真ブログ

写真・カメラの事を書いているブログです。ほとんど読まれていない底辺未満のブログです。

スポンサーリンク

確かに画素数を減らしたデジカメがそろそろ欲しい

f:id:suzukidesu23:20150127074851j:plain

カシオ EX-Z850で撮影して、何も加工していません。

画素数を増やしていくのはそろそろ考えて欲しい件


上記を読みました。

画素数が増えればいろんな問題も発生してきていますからね。

最近、Chromebookを購入しましたが、ChromebookのスペックではRAWファイルの現像はかなり厳しい時も。

実際、Chromebookで初フリーズを経験したのは、RAWファイルの現像を行っていた時。

iPadでRAWファイルの現像をしていた時もカクカクの動きになった。

RAWファイルを扱う=それなりに高スペックのパソコン(メモリとCPU)が必要という事になっているんですよね。

1000万画素競争を思い出す

確か2006年か2007年、どちらかだったか忘れたけど、当時1000万画素競争なるものが起こった。

各デジカメメーカーが1000万画素のデジカメを挙って出してきたのだ。

当時M、今はPのデジカメの専門メーカーでは無いが今でもそれなりにデジカメを出しているメーカーの営業さんと話した時、

メーカー「今度、うちも1000万画素のデジカメ出すんですよ~」

僕「へ~、画質は?」

メーカー「最悪です!」 ヾ(゚Д゚ )ォィォィ

とにかく当時は1000万画素という事を売りにしたくて画質を犠牲にしてでも出していたという矛盾が発生していた。当時のデジカメを思い出すとSONYやカシオもそんな感じであった。これに追随しなかったのは僕の記憶ではキヤノンだけという印象。

キヤノンだけはいつまでも、そのラインのデジカメでは800万~900万画素を出していた。その後、改善したのか1000万画素のコンデジを出してきているが。

しかし、ここ最近各社コンデジのハイスペック機に関して、解っているメーカーは画素数を抑えにきている。

PowerShot S120

 1/1.7型CMOS 1280万画素(総画素) わざと1200万画素代にしている。

COOLPIX P340

Nikon デジタルカメラ P340 開放F値1.8 1200万画素 ブラック P340BK

Nikon デジタルカメラ P340 開放F値1.8 1200万画素 ブラック P340BK

 

キヤノンのPowerShot S120の対抗馬と言えばこれだろう。

1/1.7型CMOS 1276万画素(総画素)と画素数を抑えている。

1インチも無いセンサーサイズで1600万画素とか2000万画素なんて不要。

 

1/1.7インチ前後のセンサーサイズの小型のコンデジで800万画素前後のデジカメが本当に欲しい今日このごろ。

キヤノンあたり出してくれないかな・・・・