フォトアルバム 写真ブログ

写真・カメラの事を書いているブログです。ほとんど読まれていない底辺未満のブログです。

スポンサーリンク

高層ビル カメラで夜景を写す時にガラス・窓に反射してしまうのを防ぐ方法は?

サンシャイン60からの夜景

先日池袋に行った際に、サンシャイン60の展望台に立ち寄って夜景を撮影してきました。

この時期、夕方ならサンシャイン60から富士山が見えるとダイヤモンドヘッドが見れる可能性があるのですが、富士山方向に雲が出ていて、そもそも無理でした(/_;)

ところで、タイトルの

「高層ビル カメラで夜景を写す時にガラスに反射してしまうの防ぐ方法は?」

ですが、C-PLフィルターでは完全に防ぐ事は出来ません。

ではどうするかいろいろ調べてみました。

ラバーフード

普通のレンズフードではなく柔らかいラバーフードを使ってガラスに密着させる方法があります。

【アマゾンオリジナル】 ETSUMI ラバーフードII 77mm ETM-83880

【アマゾンオリジナル】 ETSUMI ラバーフードII 77mm ETM-83880

 

 でも、まっすぐなら良いのですが角度があると無理。

正面に撮りたい風景があるのなら良いけど、角度をつけるともう駄目になってしまうんですよね。

忍者レフ

サンシャイン60に行った時、使っている人がいました。一目見て、ガラスの反射を防ぐものだというのは解ったのですが、名前が解らずいろいろ調べてようやく商品名にたどり着きました。

忍者レフ

忍者レフ

 

 ミニもあります。

忍者レフ ミニ

忍者レフ ミニ

 

 真ん中に穴が空いていますが、ここにレンズを入れて撮影するというもの。でも、これもまっすぐならかなり良いみたいなのですが、いろんなレビューを辿っていくと角度があるとやはりガラスの反射が写ってしまうとの事。

ラバーフードよりは良いみたいだけど。

なお、白い面はそのまま普通にレフ板として使えます。

最終兵器 レンズスカート

名前の通り、レンズに履かせるスカートのようなもの。

レンズスカート

レンズスカート

 

 四隅に吸盤がついていて、ガラスに吸盤を貼り付けて固定して使うもの。

これはレビュー等を見てみると、忍者レフよりも優れているとの事。

説明書には、Canon EOS 5D Mark2に15mmの広角レンズをつけて試したところ、ケラレなど発生せずに使えると書いてるそうです。

よし、これを買う事に決めた!でも1万円近くします・・・・・

でも、夜景の撮影は好きだしな・・・・しょうがない。

面白系 ひとつ目クン

ひとつ目クン

ひとつ目クン

 

 ここまでは無理(^_^;) レンズに忍者レフを取り付け更に忍者レフにこのひとつ目クンを取り付けるらしい。

再来週、東京スカイツリーにようやく行くのでその時にテストしてきます。

確かに画素数を減らしたデジカメがそろそろ欲しい

f:id:suzukidesu23:20150127074851j:plain

カシオ EX-Z850で撮影して、何も加工していません。

画素数を増やしていくのはそろそろ考えて欲しい件


上記を読みました。

画素数が増えればいろんな問題も発生してきていますからね。

最近、Chromebookを購入しましたが、ChromebookのスペックではRAWファイルの現像はかなり厳しい時も。

実際、Chromebookで初フリーズを経験したのは、RAWファイルの現像を行っていた時。

iPadでRAWファイルの現像をしていた時もカクカクの動きになった。

RAWファイルを扱う=それなりに高スペックのパソコン(メモリとCPU)が必要という事になっているんですよね。

1000万画素競争を思い出す

確か2006年か2007年、どちらかだったか忘れたけど、当時1000万画素競争なるものが起こった。

各デジカメメーカーが1000万画素のデジカメを挙って出してきたのだ。

当時M、今はPのデジカメの専門メーカーでは無いが今でもそれなりにデジカメを出しているメーカーの営業さんと話した時、

メーカー「今度、うちも1000万画素のデジカメ出すんですよ~」

僕「へ~、画質は?」

メーカー「最悪です!」 ヾ(゚Д゚ )ォィォィ

とにかく当時は1000万画素という事を売りにしたくて画質を犠牲にしてでも出していたという矛盾が発生していた。当時のデジカメを思い出すとSONYやカシオもそんな感じであった。これに追随しなかったのは僕の記憶ではキヤノンだけという印象。

キヤノンだけはいつまでも、そのラインのデジカメでは800万~900万画素を出していた。その後、改善したのか1000万画素のコンデジを出してきているが。

しかし、ここ最近各社コンデジのハイスペック機に関して、解っているメーカーは画素数を抑えにきている。

PowerShot S120

 1/1.7型CMOS 1280万画素(総画素) わざと1200万画素代にしている。

COOLPIX P340

Nikon デジタルカメラ P340 開放F値1.8 1200万画素 ブラック P340BK

Nikon デジタルカメラ P340 開放F値1.8 1200万画素 ブラック P340BK

 

キヤノンのPowerShot S120の対抗馬と言えばこれだろう。

1/1.7型CMOS 1276万画素(総画素)と画素数を抑えている。

1インチも無いセンサーサイズで1600万画素とか2000万画素なんて不要。

 

1/1.7インチ前後のセンサーサイズの小型のコンデジで800万画素前後のデジカメが本当に欲しい今日このごろ。

キヤノンあたり出してくれないかな・・・・

錦糸町駅前 夕まずめの時間帯。夕まずめ って言葉は釣り用語????

錦糸町駅前、夕まずめの風景

夕まずめ って釣り用語だったんだ

先日、錦糸町にちょっくら用事があって行ってきたのですが、夕まずめって言葉って上記のような写真の時間帯の事だと思うのですが、そもそも正式に夕まずめって、どんな時間帯の事だろう?って思ってググってみたら、釣り用語です、というのがどかどかと検索結果に出てきました。釣り用語って初めて知った(^_^;)

夕暮れ時の薄闇の中で釣りをすることを指す語。朝夕は魚が活発になりよく釣れるといわれる。朝方に行う釣りを「朝まずめ」という。

夕まずめとは - 日本語表現辞典 Weblio辞書より

 やべえ、知らなかった(^_^;)

まあ、1つ賢くなったから良いか(^_^;)

でも、この時間帯を写真で撮るが結構好きです。


上記の写真もまさに夕まずめ。

でも、空の色の感じを綺麗に出すのって難しいんですよね。ハーフNDとか使った方がもっと綺麗なのかな?今度テストしてみようかな?と思いつつ、ずっとしていません。

朝日を撮る時なんかはハーフNDを使った方が綺麗に取れる事も多いのですが、これも2回行っただけ。

でも、ハーフNDを使うなんて邪道だ!という人もいますよね。

 個人で趣味で写真撮っている分なら邪道も何も無いと思いますが。

プロでも要求された写真を撮るという意味では邪道では無いだろうし。

邪道っていうのは、指名して出てきた女性が姿形が写真の原型をとどめていない時だけでは?と思いますが。

話しはかわって、ゼラチンフィルター

大学時代に、8mmフィルムカメラで映画を作るサークルに入っていましたが、その時はよくゼラチンフィルターを使いました。

シーンによって色合いを変えたい時には有効だったよな~っと。

でも、デジタルカメラになって、ゼラチンフィルターを使う人って物凄く減ったのかな?とふと思いました。

フォトショップとかでもRAW現像のソフトでも、スマホのアプリでも簡単に色を変更出来るようになったから。

今でもゼラチンフィルターとか、カラーフィルターを使っている人っていますか?

千葉ポートタワーからの夕陽の風景 富士山が綺麗でした

千葉ポートタワーからの富士山の風景

たまには嫁とお洒落な景色を楽しみに。

千葉市の千葉ポートタワーからの風景です。

富士山が綺麗に見えて素敵だったな~、嫁も綺麗だったな~って、嫁テロか!

東京湾を挟んでみる富士山も結構綺麗なんですよね。それほど大きくは見えませんが、陽が完全に沈んだ後のまだ空が赤くなっている時間帯って結構好きな時間帯です。その時間帯に見る富士山のシルエットも好き。

 

今回の撮影の失敗 サーキュラーPLフィルターがもう駄目だった・・・

この千葉ポートタワーはガラス張りのタワーなので、夜景とか撮影する場合、PLフィルターを通さないと反射した光が写ってしまうので、サーキュラーPLフィルターをつけて撮影していたのですが、サーキュラーPLって劣化するんですよね。で、全然反射を抑えてくれない。う~ん、買い直すしか無いな。

今回使用したレンズは、タムロンのA09だから67mm。

Kenko カメラ用フィルター サーキュラーPL 67mm コントラスト上昇・反射除去用 367117
 
Kenko カメラ用フィルター PRO1D WIDE BAND サーキュラーPL (W) 67mm コントラスト上昇・反射除去用 517628

Kenko カメラ用フィルター PRO1D WIDE BAND サーキュラーPL (W) 67mm コントラスト上昇・反射除去用 517628

 

でも、今まであまりC-PLフィルターって深く考えずに買っていたけど、ガラスの反射を抑えるのに一番良いのはどれだろう????

もっともC-PLフィルターでは完全には消せないから黒い布でも持って行ってカメラと身体ごと包んで窓ガラスに密着するのが良いんだけど、なんかカップルがイチャイチャしている場所でそんな格好をしていたら、ただの怪しいオッサンだよな・・・

出来るか!!!って、嫁がいなかったら平気でやるんだけど、嫁の前でやるとさすがに怒られそうだな(^_^;)

4年前の浅草 吾妻橋の風景 東京スカイツリーもまだ未完成

浅草 吾妻橋付近の絶景

自分にとってかなり人生が変わるきっかけとなったのが2011年1月11日つまりちょうど4年前。

その時に撮影した東京浅草 吾妻橋付近の風景が上記です。魚眠荘というホテルの屋上から撮影しています。

まだ東京スカイツリーも未完成で、上の部分がありません。

浅草の夜景

角度は違うけどこれが今の風景。2015年1月8日に撮影。

スカイツリー以外あまり景色が変わっていないんですよね。

毎年同じ日に同じ場所で撮る写真

写真を同じ日に毎年同じ場所で撮っていくと面白いだろうな~とは思いつつ出来ていない。

今年は日にちを決めて1年に1回だけでも同じ場所で同じ構図で毎年写真を撮っていくって事をしたいけど、毎年必ず行ける同じ日と同じ場所ってかなり難しいくないですか?

持ち家だと出来るかもしれないけど、賃貸住まいだとこれがまた難しく。

でも、やってみたい事です。

ちょっと真剣に毎年出来る場所と日にちを決めてみよう!

記念日が良いんだけど、どの記念日にするかな・・・・結婚記念日とか誕生日だと旅行とかに行ってしまいそうで出来そうもないような気がするんですよね。

う~ん、どうしよう(^_^;)

HDR画像を見ていると、普通のコンデジの写真が見たくなる? 豪華な食事ばかりでなくお茶漬けのように

f:id:suzukidesu23:20150111005610j:plain

上の写真は一応HDR加工した写真ですが、ほとんどそれっぽく見えないですね。色盲だとあまり色彩感覚が無いので、HDR画像の加工には適してないのかな?とも思います。

HDR画像を見ていると、普通のコンデジの写真が見たくなる

で何が言いたいかというと上記の通りです。

HDR画像が出始めた数年前は結構、凄いな~って思いながらよく見ていたものですが、最近HDR画像をiPhoneのせいか更によく見るようになったように思います。

で、HDR画像ばかり見ていると、普通のコンデジでJPEGで撮影した画像を見たくなるんですよね。

そう!豪華な食事ばかりだと飽きてきて、お茶漬けが食べたくなるように。

つまり最近はHDR画像に食傷気味になっています。

関係ないけどE-PL6っていつのまに安くなっていた???

上の話と全然関係ありませんが、OLYMPUSのE-PL6っていつのまに3万円も切っていました????29800円ですよ!(これを書いている時点で)

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN Lite E-PL6 レンズキット ホワイト E-PL6 LKIT WHT

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN Lite E-PL6 レンズキット ホワイト E-PL6 LKIT WHT

 

 と思っていたらやはり同じ事を思っている方もいたようです。

29800円ですよ!なんとふざけた価格に。

うちの嫁なんて、E-PL3で満足していますよ!まったく ブツブツブツ

で、キタムラの中古なら25000円を切っているのでは!!!と期待して見に行ったら、え?3万円も切っていない。これは売れないでしょ!

一番安いのでこれです。しかもレッド

31980円ですよ。これなら素直にamazonで買った方がお得だな。

とブツヨクにまみれそうになりましたが、どうにか正気に戻れました(^_^;)

 

九十九里浜 元旦の朝焼け と写真は情熱かな?という話と今年の写真のテーマ

九十九里浜の朝焼け

しばらく放置していたこのブログ、そろそろ更新しなきゃな~という事で久しぶりに更新。

でも、今までと少しスタイルを変えようと思います。

写真はFlickrにアップしたものなので、クリックしてもらえばFlickrに飛ぶのでそこで、EXIF情報は見て下さいm(__)m

また、思いついた写真に関する事をここでは書いていきます。アクセスを気にせず、おもいつくまま。

さて、新年最初の写真は、九十九里浜で撮影した朝焼けの写真。

初日の出は見れなかったけど、綺麗な朝焼けは見れました。

写真と言えば、友人が二科会写真部の支部ではあるけど、初入選したと年賀状に書いてきました。

やるな~!!!と

元々、この友人、デジカメはPentaxのWPiという600万画素の防水デジカメしか持っていなくて、でも写真をいろいろと撮りたい!という事でEOS 5D Mark2を僕が買った時に、使わないだろうと思って、EOS Kiss Digital X(初代)を譲ったんですよ。

そうしたら、みるみる写真にはまって、いろんなコンクールに写真を出すようになって入選等いろいろしているんですよね。

EOS Kiss Digital Xなんて今の一眼レフから見ればミラーレスにも及ばない性能の一眼デジカメですが、やはり機材よりも写真にかける情熱なのかな?と。

譲った時は僕の方が写真は上手いと言われていたけど、もう完全に抜かれました(^_^;)

いろんな写真のサークルや撮影会にも顔を出しているそうで。

機材よりもやはり情熱なんですかね。

僕ももう1度、初心に戻って撮影をしてみよう!と思った元旦でした。

今年の写真のテーマ、初心に戻る、

うん、これに決定!